So-net無料ブログ作成

Le 14 juillet [フランス]

Le 14 juillet ( 14 は Quatorze ) フランス革命記念日

 直訳すれば7月14日。1789年のこの日、バスティーユ(Bastille)の監獄襲撃事件が起き、革命の内戦が本格化した。よく誤解されるのだが、この日にマリーアントワネットやルイ16世がギロチンされたわけではない。それはもっと後。

 日本語ではこの日をパリ祭(フラ語にすれば Fete de Paris か?)と呼んでいるが、こんなフレーズは日本以外通じない。ちなみに英語ではずばり「BASTILLE DAY (バスティーユの日)」と言う。これだとフランス人でも革命記念日のこととわかる。今日のBBCでも原語ではそう言っているのに、同時通訳では「パリ祭」と言っていた。

 パリ祭が通じるかどうかは別として、この日、年間でも1、2を争うお祭りの日であることは事実(あと1日は元旦の深夜)。軍事パレードが行われ、TF1とF2の2大テレビ局による大統領記者会見が行われるのが常となっている。この日が過ぎると本格的バカンスシーズン到来!となるらしいが、最近は早めにバカンスに入る人も多く、バカンスラッシュもかなり平準化しているようである。

 またまた余談だが、この日は、ゼラチンの日でもあるらしい。理由はゼラチン=フランス菓子に使われる=フランスの記念日=革命記念日=7月14日ということとのこと。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。